2017-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しました。(^_^;)



皆さん、お久しぶりです。
かなりのご無沙汰をしておりました。


このブログにスポンサーサイトが出てしまったと言う事は
1ヵ月更新していなかった事になりますね。(^_^;)
ご心配くださっていた皆さん、ごめんなさい!!

Instagramの方(@miwaarare)ではちょくちょくやっていたのですが
こちらのブログでは、
最後に書いたキジ丸の記事がとても重い内容だった事や
ブログ自体にキジ丸がギュッと詰まっていて
なかなか、新しく更新するという気持ちまで行かず
こんなにご無沙汰となってしまいました。
本当に申し訳ありません。

キジ丸が先月8月12日に旅立ってから、
すっかり1ヵ月も経ってしまいました。早いです。
あられとトト吉のフタリの日常が少し、当たり前のようになってきました。
なので、こちらもまた少しずつ、通常運転して行こうと思います!!
って、もともと更新めちゃ少ないブログでしたけどね。(≧∇≦;)






さてさて!!

まずは、会いたくてしょうがないキジ丸の話題から!!

キジ丸坊ちゃん、
旅立った後も実はミラクルを見せて?くれたんですよ!!



キジ丸が亡くなったのが12日の水曜日で
その翌週の月曜日に、母と改めてお世話になった病院へご挨拶に。

その日は少し雨模様で湿気た感じの日でした。
マンションの駐車場で車に乗り込むと、フロントガラスが少し曇っていて
あれ!?と目に入ってきたのが、
なんとっ、フロントガラスにたくさんの肉球の痕跡!!

このマンションの駐車場、立体で我が家の車は1階。
時々、猫が出入りしているのは見かけましたが
10年以上住んでいて、
我が家の車に猫が乗っかった形跡を見た事は一度もなく。
前日は炎天下だったので、どこか外で猫が乗ったとも思えなく。
「キジ丸だ!!」と思いました。

病院へ挨拶に行くので
「ボクも行く~!!」と慌ててついて来たんじゃないかと。
肉球の痕が、ちょっと乱れていたんですよね。(≧∇≦)

こっちも見つけてビックリ慌ててしまったので写真なし・・・・・。
しかもワイパーで消えてしまったという。
車を出す時に、涙が止まらず大変でした。(^_^;)
きっと、実際はどこかの猫さんだと思います。
でも、キジ丸だったらあり得るな!って。(*´Д`*)

病院に行って、真っ先にこの話を主治医のA先生に話したら
後日、同じくA先生が主治医のワン友さんが通院の時に
A先生が「キジ丸がフロントガラスに!!」って話してたそうです。
先生、信じてくれてありがとうございます!!(≧∇≦)
先生も信じてくれるほどの、キジ丸のミラクルパワー☆
本当にあると思います!!
だから、そのパワーでお化けになって出て来て欲しいんですけどね~!!


ちなみに、
まだ、家の中では、私ははっきりとキジ丸を感じる事が出来ないのですが
トト吉が一番、感じているっぽいです。
「気に食わない奴だったけど、あいつ何でいないにゃ?」って思っているのか
時々、かすかな気配を感じるのか探して回っていたり。(^_^)

あられさんは・・・・・・、特に変化なしなんでが(笑)、
今これを書いていたら、急にキジ丸のお骨を飾ってある所に鼻を突っ込み
キジ丸の首輪の匂いを嗅ぎ、シッポをかすかに振ったような。
いや、これは本当です。
今まで、お骨の場所を気にした事なかったのに!
キジ丸が何かアピールしたのかもしれません。(≧∇≦)





今日は、写真ではなくて
キジ丸の子猫の時の可愛い動画を再アップします!


私のお気に入り~♪ヽ(*´Д`*)ノ
※アップした当時の文章もそのまま。






『必死なキーキー。』
ちょっと元気がないような気がしたので、
試しに、キジ丸にはお初の羽タイプのネコジャラシで誘ってみました。
すると、なーーんだ、元気元気~!!
と思ったら、ものすごい必死な顔で、咥えたネコジャラシを離さない!!
そして、諦めて手を放したら、そのまま逃亡~。はやっ。(≧∇≦;)







『欲張りキーキー。』
あまりにもネコジャラシを口から放さないので、
もう1本のネコジャラシで釣って、オシマイで回収してようとしたトコロ、
おいおいおい~、そうまでして放さないんかーーい!!(≧∇≦;)
欲張りなキジ丸坊ちゃんでございました。






ヤバイくらい可愛いでしょ!?(≧∇≦)

確か生後4~5ヵ月の頃です。
腎疾患が分かってから、時々調子が落ちると
猫じゃらしやらで運動させて、元気アップさせていました!
腎臓内にオシッコが溜まりやすかったので
ジャンプすると、流れが良くなっていた気がするんですよね。
実際、この因果関係は謎のままですけどね。(笑)


今頃はきっと、体の辛さもなく走り回っていると思います。
四十九日まではまだこちらにいるので
時々、トト吉兄ちゃんの頭をポカッってやってるんじゃないかと。(笑)

いまだに会いたくて会いたくてしょうがなくて
時々、急に思い出したりして涙が止まらなくなったりします。
母の部屋から、夜寝る時に鼻をすすっている音が聞こえてきたり
2人で急にキジ丸スイッチが入って笑いながら号泣したり。
これ、しばらくはしょうがないですね・・・。
我が家、見送るのが初めてなので、
「ああ、見送るってこんなに辛いんだ。」と実感しています。

なんか・・・・。
私の場合なんですが、キジ丸がいない事に慣れたくないというか
慣れるのが怖いというか、慣れたらキジ丸に申し訳ない気持ちというか
なんかちょっと複雑です。
でも、やはり時間と共に日常は進んでいくわけで
あられとトト吉に癒されたりしながら
気持ちもどんどん進んで行かなくていけないんだと思います。


でっ、
時々悲しくて号泣するけれど
精神的には私は強いと思っていたのですが
少し前に風邪が長引いてしまい、いつもの副鼻腔炎にも。
そして、耳も調子が悪くなったので
風邪→副鼻腔炎→中耳炎の流れだと思って耳鼻科で診て貰ったら
わはは【低音障害型感音難聴】というストレス性の難聴でした。(≧∇≦;)
先生に「最近何かストレスありました?」と聞かれて
いやあ、テキメンなんですけど・・・という感じでした。(苦笑)

と言っても私の場合は片方で軽い難聴だったので
軽いお薬で今は耳の不調は治まっています!
ただ、これは結構女性に多いそうで、再発もしやすいんだそう。
皆さんも気を付けてくださいね!
私も昨日祖父がまた入院となり、なんかまた耳来そうですもの。(^_^;)





ということで、しばらくぶりの更新でした。

またこちらでは、
あられとトト吉の歩む日常を続けていこうと思います!
そうそうそうだ、トト吉も腎不全の初期として対策を始めているので
また腎不全の話も書いて行く事になると思いますが
しっかりと予防にチカラを入れて行きます!!



どうぞ、これからもよろしくお願いいたします!!








スポンサーサイト

皆さんへの御礼とキジ丸の頑張った姿。



今日は、長~い記事になります。





キジ丸が旅立ってから1週間経ちました。

ご心配くださった皆さん
キジ丸に声をかけてくださった皆さん
一緒に涙を流してくださった皆さん
本当にありがとうございました。


キジ丸
先週14日の金曜日に荼毘に付しました。


旅立ち。


小さな姿になってしまいました。
骨壺のカバーにはまだ名前が入っていないので
近いうちに自分で上手に書いてあげなきゃなあと。
(中の骨壺にはちゃんと書いていただいてます。)


今はここ。


今はリビングの一番見えるところに。
スペースが狭いのでまだシンプルな状態なのですが
これからいろんな写真を増やしたいですし
すぐ隣りの部屋の父の仏壇周りにも
たくさんキジ丸の写真を置こうと思っています!

可愛いキジ丸のイラストは
黒豆健太ママさんから頂きました。
真ん丸ぷくぷくな時のキジぷんです。(^_^)

正直なところ
キジ丸は子猫の時から処方食を食べて来ているので
巷で言う美味しいフードをあまり知りません。
食欲をなくしてからいろいろとチャレンジしましたが
茹でササミすら口をつけませんでした。(^_^;)
好物が分からない!!(苦笑)
今もよく食べていた処方食をあげるのもどうかと思うので
いろいろと美味しいフードを試して貰おうかなあ?





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□




今日は、キジ丸に関わる全ての方へお礼を書かせてください。

はっきり言って
長いですよ!?(笑)





まずは、原点
キジ丸達子猫を公園で見つけてくれたワン友ママ。
「キーちゃん達を押しつけてしまってごめんね。」って言っていたけど、
そんな事は全然ないし、そう思っていた事に気付いてあげられなくてごめん。
トト吉の時もそうだけれど、ワン友ママさんがいたから
素敵な出会いがあって、可愛い家族を迎える事が出来たのだから
本当に感謝しかないからね!!!!!

そして、いつもキジ丸の成長を見守ってくれた
ご近所ワン友のメンバー!!
家族ぐるみのお付き合いもしているけどいつも本当にありがとう!!
最期、キジ丸にも会いに来て一緒に泣いてくれて、ありがとう。





そして、本当に感謝だらけの動物病院の先生、スタッフの皆さん。

キジ丸が生後約3ヵ月齢の時に具合が悪くなり、腎疾患が判明してから
ずっとキジ丸の主治医として診てくださったM先生。
今は他の病院で頑張っていらっしゃいますが、
キジ丸を気にかけてくださっていて、コメントまでくださいました。
本当にチビッコキジ丸の成長を見守ってくださってありがとうございました!

そして、そのM先生からバトンを受け取ってくださり
最期までキジ丸の主治医として一緒に戦ってくださったA先生。
我が家の考えや気持ちも汲み取ってくれて
一緒に悩んで、一緒に考えて、
そして何より、キジ丸を思って可愛がってくれました。
キジ丸の最期のご報告をした時も
本当に寄り添ってくれていたと実感しました。
本当に本当に最後までありがとうございました!!

動物病院の他の先生達や看護士さんなどのたくさんのスタッフの方達。
いつも診察では主治医の先生以外に保定として
他の先生やスタッフさんが一緒にいてくださいます。
キジ丸は小さい頃から通院しているので、
本当に皆さんにはいつも気にしていただき、優しくしていただきました。
特にずっとキジ丸を見守ってくださるスタッフの方達もいて
輸血の時は嬉しい申し出をいただいたり、お花もいただきました。
キジ丸、本当に愛せれていたなあと嬉しく思います。
診察中も、A先生や他の先生、スタッフさん達と楽しい話で盛り上がったり
通院がまったく苦でなく、楽しかったのは皆さんのおかげです!
皆さん、本当にありがとうございました!!

そして、ずっと通院していた中で
待合室で仲良くなった、同じく病気で戦う子達の家族の皆さん。
通院日数が多いので、いつしか常連化していた我が家。(笑)
同じ顔ぶれだったり、新たにお話をしたり、たくさんの出会いがありました。
情報をいただいたり、お互い励ましあったり
シッポ達同士でも交流をはかったり
本当に心強い存在が待合室にはたくさんいらっしゃいました。
いつしか会えなくなってしまったり、たくさんの別れもありましたが
本当に通院のたびに頑張るパワーを貰っていました。
本当にありがとうございました!






ネットで交流を持っている皆さん

あられの柴友さんとは長いお付き合いの方がとても多く
キジ丸を迎えた頃からずーーーーっと見守ってくださっていました。
いつもたくさん元気玉を貰っていました。
本当にありがとうございました!!

そして、腎疾患と戦うニャンコのご家族の皆さん。
特に、なふなふちゃんの家族のMewさん。
若猫腎疾患のリンクや情報を公開していたMewさんとの出会いが
我が家のキジ丸の闘病への大きな第一歩の踏み出しが出来たと言っていいです。
そしてそこから、同じく腎疾患のニャンコを持つ方との出会いが広がりました。
今では、いろいろとワード検索でこのブログに辿りつき
声をかけてくださり、仲良くなった方もいらっしゃいますが
キジ丸の例を情報としても記録をしようと思わせてくれたのが
やはりMewさんです。
いつもたくさんの応援ありがとうございました!!
なふなふちゃんへ、キジ丸のミラクルパワーをお返ししますね!!

そして、同じく病気と闘う子達のご家族の皆さん。
一緒に一喜一憂してくださったり、
キジ丸へたくさんの元気玉をありがとうございました!
キジ丸のミラクルパワーが、
今頑張っている子達へ届きますように!!





他にも、たくさんの出会いがあり
キジ丸を気にかけて見守ってくださった方がいると思います。
ホモトキシコロジーの病院の先生もそうですし
ご近所の猫友さん達
インスタグラムで知り合った方達
通りすがりでブログを覗いてくださった方も。
たくさんたくさん。
個別に書く事が出来なくてごめんなさい。


皆さん、本当にありがとうございました!
キジ丸への応援が、私達家族への応援にもなっていました。
たくさんの元気玉が、キジ丸のミラクルパワーになっていました。
本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。






そして、キジ丸の兄弟のおと君ご家族へ。

おと君を家族に迎えてくれて本当にありがとうございます。
同じように腎疾患を抱えているおと君、
キジ丸が旅立ってしまった事で、本当に不安もたくさんあると思います。
でも、キジ丸のミラクルパワーはおと君にも!!
これからも、精一杯
キジ丸から託された元気玉をおと君に送り続けます!!
そして、A先生!!
おと君をどうぞよろしくお願いしますね!!





最期に。

キジ丸へ。

家族になってくれてありがとう。
我が家に笑顔をたくさんくれてありがとう。
病気だろうと寿命が短いとわかっていようと
キジ丸として我が家に来てくれて本当にありがとう。

正直、この病気と戦う為にこの世に生を受けたのではと思っています。
すべてが、いろんなタイミングで動いていたような気がします。
我が家の一員になった事も、キジ丸自身がミラクルな事も。
もちろん、病気になんてなって欲しくないし、いい事ではないけれど
家族以外のたくさんの人まで笑顔にしてくれたのも確かです。
キジ丸、本当にありがとう。
病気の辛さもよく耐えてくれました。
ミラクルで頑張ってくれました。
一緒にいてくれて本当にありがとう。







■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□





ここから先は、
キジ丸が旅立つまでの最期の数日について書きます。


正直、写真などもどうしようか悩みましたが
キジ丸の頑張った姿なので、記録しようと決めました。
壮絶な姿の写真などではありませんが
最期はどのような様子だったかなど
見る人、読む人によっては辛い内容かもしれません。

ただ我が家は、症状が進み”看取る”と覚悟した時
少しでも心構えとして情報を手に入れようと思いました。
もちろん、見ることが出来ない、探したくない事もありましたが
穏やかに看取る為に、何が出来るか何に気を付けたらいいのか
どうしても情報として頭に入れておきたかったのです。

変な話ですが
キジ丸が旅立ったあとに、同じように最期の日々を綴ったブログを見て
「ああ、一緒だったんだ。」とある意味安堵したり
とにかく、残す事にも意義があるのではないかと思いました。


前置きが長くなりましたが
辛くなってしまう方や不安になってしまう方もいると思いますので
そのような場合は、この先はそのままにしていただきたいと思います。




続きは、続きを読むをクリックで開きます。
※モバイルの方は
そのまま表示されていますのでご注意ください。




続きを読む»

キジ丸、旅立ちました。2015.8.12 【追記あり】




応援ありがとう。


とても残念なご報告になりますが
最後まで、ミラクルキジ丸だったご報告でもあります。


キジ丸、本日2015年8月12日
向こうの世界へと旅立ちました。



ほぼ寝たきりの状態になっていましたが
亡くなる寸前までまだ意識もあり、
自分で動きたいという意思も強く
時折バタンバタンと床の上を移動しようと頑張っていたキジ丸ですが、
(皆さんからの応援とたくさんの元気玉のおかげですね)
昼過ぎの13:43頃、あっという間に駆け足で空に昇ってしまいました。

直前に、ちょっとした身体の動き(呼吸など)の変化に気付き
母もずっと側にいたので、急変した際に別の所にいた私も間に合い
家族でキジ丸の最期を看取る事が出来ました。

あっという間の出来事だったので正直びっくりでしたが
危惧していた尿毒症の痙攣発作などを起こす事なく
ほぼ苦しまずに旅立てたのではと思います。
最期まで、本当にミラクルなキジ丸坊ちゃんでした。



また落ち着いたら改めて
キジ丸の頑張った証として記録記事をアップしたいと思います。
前記事へのコメントへのお返事もまだのまま申し訳ありません。


キジ丸へのたくさんの応援
たくさんたくさんたくさんの元気玉、本当にありがとうございました!
たくさんの方に愛して頂いた事をさらに実感しています。
本当にありがとうございました!!



黄色の花たくさん。


親しい地元の友人達や病院からいただいた花。
みんな「キーちゃんは黄色!」と黄色のお花をメインに。(^_^)

金曜日の午後、火葬します。
今日は母がキジ丸の隣りでキジ丸と共にゆっくりと就寝。





本当に本当に
キジ丸を見守ってくれた方々には感謝の気持ちでいっぱいです!
「ありがとう。」 キジ丸もそう言っているはずです。
取り急ぎ、ご報告とさせていただきます。







【追記】

そうでした。
年齢を書いていませんでした。
我が家で決めたキジ丸の推定誕生日は2011年10月1日

なので、3歳と10ヵ月の猫生でした。

正直短いです。
4歳の誕生日を迎える事が出来ませんでした。
でも、約3ヵ月齢の子猫の時に腎臓が悪い事がわかってから
きっと短いだろうと思っていました。
(5歳は難しいかなって。)

それでも、短いなりにキジ丸は濃く生きてくれたと思います。
通院や皮下輸液などは嫌だっただろうし大変だったけれど
その分、普通のシッポ達よりも出会いがとても多く
たくさんの友人知人、仲間、一緒に戦ってくれる病院の方々など
たくさんの交流があり、たくさんの愛情を貰って生きる事が出来たと思います。

旅立ってからも、本当にたくさんの方々に
見守られて愛されていたんだと実感しています。
本当にありがとうございました。

これからは向こうの世界で亡き父と暮らし
たくさんの友達を作って、元気に走り回るんだと思います。
先に逝ってしまったお友達もいることだし。
若いから、やんちゃしまくりそう。(笑)


確かに短かったけれど
キジ丸と一緒にいられた時間はとても充実したものでした。









2015/8/5の血液検査結果&輸血しました。




ご心配くださっている皆さん、
すぐに更新出来なくてごめんなさい!!



まずは、水曜日に実施した血液検査結果から。



2015/8/5の血液検査結果です。
( 前回:7/29  前々回:7/22 )

BUN(尿素窒素) 238 (←前回 197 前々回 >130) / 正常値 16-36 
クレアチニン 10.9 (←前回 9.2 前々回 12.9) / 正常値 0.8-2.4
K(カリウム) 4.1 (←前回 4.5 前々回 4.8) / 正常値 3.6-5.8

PHOS(リン) >16.1 (←前回 >16.1 前々回 13.7) / 正常値 3.1-7.5
HCT(ヘマトクリット) 13.1 (←前回 19.4 前々回 21.8) / 正常値 30.3-52.3



BUN(尿素窒素)が238と、
1週間でさらに上昇していたのも辛いですが
貧血の数値のHCT(ヘマトクリット)が1週間でさらに下がっていて
顕微鏡などで見ると血は作られているそうなのですが
この数値の下がり方を見ると、どこかで出血しているのではないかとの事。

エコー検査でお腹も診て貰いましたが
特に変なもの(腹水だとか、お腹に血が溜まってそうだとかもろもろ)は見えず
やはり、腎臓内のたくさんの結石が原因で
じわじわと内部で炎症と出血があり、貧血の原因にもなっているのかも、と。


そこで、
造血ホルモンと鉄剤の接種はしていましたが
その効果を待つ前に、
輸血を急いだ方がいいという事になりました。




力が入りにくいようです。


こういう写真を載せるはどうしようかと思いましたが
記録として、やはり載せようと思います。

調子がいい時はいいのですが、
こんな感じでふにゃっとチカラが入らなくなってしまう事も時々あり
ちょっと状態が進んで来たなあと感じるようになっていました。



気にするトト吉。

静脈点滴入院後はシャーと言いまくりだったトト吉も
キジ丸の変化に気づいているようで
ここ最近はシャーはほぼなく、気にしている様子も。


あられとキジぷん。



渋いお顔のキジ丸。


この頃、実は便秘というか出口のウンチョさんが固くなってしまい
踏ん張るのに出ない、しかも踏ん張るチカラが足りなくて
フラフラしながら何度も何度もトイレで挑戦して体力消耗、
というのが続いてしまっていて、
キジ丸坊ちゃん、ダルさと疲労で本当に辛そうでした。
病院で出して貰いましたが
その後もお尻の違和感や貧血、
そして、珍しくオシッコで身体が汚れてしまい急きょシャワーなど
その疲労でグッタリしてしまい、その様子が正直怖かったです。




便秘つらいね。

お尻、出ないの辛かったよね・・・・。(>_<)









話、もとに戻しまして。

輸血の話が出たのが血液検査をした水曜日。
以前から、「輸血が必要になったらうちの子に声をかけて!」と
おっしゃってくれている猫友さん(病院で仲良くなりました)がいたのですが
主治医のA先生が、まずは病院で探してくれると嬉しい言葉。
キジ丸の病院では、供血ドナー登録があり
ボランティアで登録してくださっている飼い主さんがいるのです。

でも、ドナー猫さんを探す前に
キジ丸が通院を始めた頃から
ずっと可愛がってくれている病院のスタッフ(VT)さんが
「頑張っているキーちゃんの為に!」と
スタッフさんの飼い猫さんをドナーにと、申し出てくれました。
本当に嬉しくて嬉しくてしょうがなかったです。




そして昨日土曜日。

スタッフさんの出勤と共に、キジ丸のドナーになってくれる猫さんも出勤。(^_^)
ラグドールという大型種の男の子で、なんと体重8キロ超え。
大きければ大きいほど、身体の中の血液量が多いので
供血ドナーとしては素晴らしい救世主です。
事前に、キジ丸も血液型を調べて同じ血液型だったので
当日のクロスマッチテスト(両方の血液を合わせ、凝固しないか調べる)後
OKが出たので、キジ丸をお昼にお預けしてきました。

猫のT君(名前の掲載OKか聞いてないので(^_^))から
50ccのとても濃くていい血液がキジ丸に輸血されました!




結果。

輸血当日もさらに下がっていた数値が
RBC 3 →
HGB 4.0 → 7.0
HCT 11.2 → 19.5
 まで上がりました!


半日入院状態で輸血し、夜8時頃に帰宅。

そうそう、帰宅前にまだ病院にいたドナーになってくれたT君に会わせてもらい
直接、ナデナデして(ドキドキさせちゃってごめんね!)お礼を言ってきました。
本当に感謝しても感謝しきれません。
T君、本当にありがとう!!






輸血後!

帰宅後のキジ丸。
顔つきが違いますよね?(^_^)
ベロなどの口の中の色も白っぽかったのでが少しピンクが戻り
歩き方なども少ししっかりして
ウンチョの踏ん張りもふらつきが減っていて、おお!!と。







ただ、残念な事に、
輸血から一日経った今日、まただるさが出て来ているようです。


もともとBUNなど数値もすごい高値で尿毒もありますし
貧血の方も、どこかの出血が原因だとしたら
またすぐに貧血が進んでしまう事も可能性大。
(止血剤も投与中です)


お水を飲みたいのだと思いますが
(今日はあまり飲みませんでしたが)
キッチンのシンクと洗面台にしょっちゅう乗りたがります。
ただ、飛び乗る時に失敗が多くなってしまったので
私と母と常にキジ丸に付き添う形で。(≧∇≦;)


なぜか乗りたがる。


お水を飲まなくても、お水の側にいたいのか寛ごうとします。
でもね、筋力がないので足が落ちたりでちょっと危険。(笑)



そして寝る。

そして、寝る。
なぜか、寝る。(笑)
気持ちいいのでしょうね。




いいよ、見てるから寝ておきな!
と寄り添っていたら、腕枕されちゃいました。


ダルそうです。



かなり身体はだるそうですが
今の所、強制給餌も出来ていますし、嘔吐もありません。

まただるさが来ているとは言え
大事な血液を分けて貰ったし、今後も造血ホルモンや鉄剤に期待し
貧血の進行が遅くなってくれる事を祈り、
私は思い切ってバイトも減らしてもらったので
母と共に、とにかくこの夏はキジ丸に寄り添って行きます!
とにかくとにかく、穏やかに過ごせたら・・・。



皆さんからの特大元気玉、
またよろしくお願いいたします!!









キジ丸、頑張ってます!2015/7/29の血液検査結果。




ぐったり。


キジ丸坊ちゃん、頑張っています!!

でも、やはり数値からして尿毒症になっているので
尿毒症独特と言われるお口の匂い(アンモニア臭)や
足のふらつきはかなり来ています。
この↑↑↑写真のように、強制給餌のあとにパタン
キッチンや洗面所の上にどうにか飛び乗ってお水を飲んだあとに
数歩ふらふら歩いてパタンと、自主休憩をよくとっています。



お水の飲み方。


幸い、今日の時点では、まだ水を自分で飲む気力はあり
頑張ってキッチンや洗面所に飛び乗って
「お水出して~!」と待っているキジ丸です!!(^_^)
でも、なぜかもうシャワーで直接だとか
シリンジなどでチョロチョロ出した水しか飲もうとしてくれなくなったので
シャワーの場合は、「水道代なんか気にしない!出血大サービス!!」と
節水しなくてごめんなさい!ですが、
キジ丸の為に少しの間やらせていただきます。(≧∇≦;)






さて、そんなキジ丸の直近の血液検査結果です。

今は、容態の悪化により、1週間毎に血液検査をしています。
いつも130以上の数値が出ていなかったBUN(尿素窒素)の数値を知りたかったので
先生にお願いしたところ、今回、数値が出るように検査してくれました。



2015/7/29の血液検査結果です。
( 前回:7/22  前々回:7/15 )

BUN(尿素窒素) 197 (←前回 >130 前々回 >130) / 正常値 16-36 
クレアチニン 9.2 (←前回 12.9 前々回 10.8) / 正常値 0.8-2.4
K(カリウム) 4.5 (←前回 4.8 前々回 2.9) / 正常値 3.6-5.8

PHOS(リン) >16.1 (←前回 13.7 前々回 12.1) / 正常値 3.1-7.5
HCT(ヘマトクリット) 19.4 (←前回 21.8 前々回 26.9) / 正常値 30.3-52.3





BUNが197・・・・。
腎不全の子がいる方なら、この数値がとても高い事がわかると思います。
本当によくこの数値で頑張っているなあと。

それでも!
CREA(クレアチニン)が今回下がっていて、これはちょっと希望が。

貧血はまたさらに進んでいましたが
退院の時から、貧血対策として造血ホルモン剤と鉄剤の投与を始めているので
もう少ししたら、結果が出てくるのでは?というところです。
造血ホルモンがまた効いてくれますように!!
キジ丸の今の状況で、
いざという時は輸血をした方がいいのか、先生に相談します。





とてもツライ事ですが、
尿毒症の今後の予想として、ネットで調べるといろいろ出てきます。

母とも相談していますが、我が家の今後の考えとしては
キジ丸の今回の場合、急性腎不全と違い慢性での数値の上昇だと思うので
今後また集中的に静脈点滴で入院治療をしても、数値の下降は望めないんじゃないか、
入院での体力の下降を考えるとそれも怖い、
だったら、自宅で少しでも苦痛や辛さを軽減できるように努め
少しでも穏やかに、残りの日数を過ごした方がいいのではないかと。

もちろん、今回さらに上がってしまったPHOS(リン)の対策として
カリナール1から、他のリンの吸着剤に変更したり
セミントラやカリナール2などの薬もしっかりと摂取させていますし
食事も強制給餌である程度カロリーの摂取をさせています。
(強制給餌の時のチョーーー文句言いまくりは健在!!(≧∇≦))
あと、もちろん!ホモトキシコロジーも続けています!!

だから、静脈点滴などの治療はやらないけれども、
それは諦めるという事ではなくて、
自宅で穏やかに看取る覚悟の方を選択しようという事です。
その為には、いざ何かの症状が出た時などの対処法など
先生にしっかりと聞いて、相談して
出来うる限りの事を少しでも慌てずに出来るように準備を始めます。



もちろん、キジ丸のミラクルも健在ですから!!
必ず、どうしたって来てしまうその日の為に
今からしっかりと、構えて頑張って行く、そういう覚悟です!!








活気の相互作用。


ついこの間、どうしても祖父母の老人ホームに持って行かなければいけない物があり
キジ丸の調子もまあまあだったので、キジ丸も連れてちょっと寄ってきました。
(今までもよく通院後に顔を見せに行ってました!)
老人ホームがキジ丸の病院からも近いとは言え
もうそろそろ、連れて行くのは無理かなと思っていたのですが
写真の顔、とってもシャッキリしているでしょう?(≧∇≦)

認知症が進んで、もう家族の名前もほぼ認識できない祖母ですが
キジ丸を見て、声を上げ、笑顔笑顔!!
キジ丸もそれに答えるように、ニャーニャーと鳴いて
祖母にも活気を与えてくれました。本当にスゴイ子です。







ねむねむ。



ねむねむねむ。



普段はよく、母のベッドの脇にはまって寝ています。
調子が悪いと狭いところでじっとする猫の習性もあるんですよね。

夜は、最初は私のベッドに頑張って来てくれて
ころんと寝るのですが、夜中にまたどこかに移動しています。
母の部屋の床だったり、やはりベッドの脇に入ったり。

今後、移動にも支障がくる時がやってくると思うので
寝床はどうしたらいいのか、ぼちぼち考えて行こうと思います。






迫力の不死鳥。


先日の夕方。

今度は見事な不死鳥が空にいました!(≧∇≦)

皆さんからの元気玉と共に
この迫力のフェニックスからもパワーを貰えたような気がします!!



ご心配くださっている皆さん、
応援してくださっている皆さん、
病院の先生、AHTさん、スタッフの皆さん、
同じく闘病している家族を持つお仲間さん、
キジ丸は本当にたくさんの方々に可愛がって貰っています。
余計ご心配かけてしまうブブログアップでごめんなさい。

それでも、キジ丸が頑張っている姿をきちんと記録していこうと思いますので
これからも応援、よろしくお願いいたします!!







«  | ホーム |  »

プロフィール

美和

Author:美和
柴犬あられ♀と猫トト吉♂
先天性腎疾患の猫キジ丸♂との
のほほんな日々を過ごしてます。

 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

何かありましたらどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ニャン友リンク

 

若猫腎臓病・腎不全 ニャン友リンク

 

リンク

検索フォーム

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。