2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/16の血液検査結果。



最近のキジ丸は、
週2回(2日開け&3日開け)の皮下補液通院をしています。

昨日3/16(金)は、予定通りの通院日でしたが、
朝から、なんとな~く調子が悪そうな感じのキジ丸。
今回は右腎がとてもぷりっぷりになっていて、
身体が強張って、じっと座っていることが多いと要注意です。

通院前は、トト吉と遊んでいたりしたので、
それほど調子が悪いわけではなさそうですが、
1ヶ月ぶりだし、血液検査をすることになりました。


今回は、病院での様子を写真撮ってきましたよ~。


まず1番に血液検査の為の採血を。
今回は、結果によってまた静脈点滴の可能性も考慮してか、足の付け根からの採血。
キジ丸は、怒らないけれど嫌がるので、エリカラ着用です。(笑)
今回は、ニャーニャーとちょっと抵抗しましたが無事に終了~。


この写真↓↓↓は、採血後、
止血で抱っこしてくれているAHTさんの腕の中でグネグネ抵抗中~。
と言っても、かわいい抵抗なんですけどね。(≧∇≦)

クルッとひっくり返ってみた~。





検査結果が出るまで、触診開始~。
体重を量って、オチリで体温を測って、目も拭いてもらって。


脱水な~し!


やはり、右腎が大きく張っている状態ですが、
腎臓が悪い子によくあるような、脱水はな~し!!
(背中をつまんで、その戻り具合で判断します。)




先生とAHTさんが皮下補液の注射を用意している間は、
キジ丸と一緒に診察室でしばらく待機です。


待機ちゅう。

キジ丸坊ちゃん、リュックに入りたがります。(笑)


顔隠しちゅう。

顔を隠して現実逃避中です。(笑)
もう何度も通院しているので、
次は注射だとわかっているんだと思います。( ̄▽ ̄;)




さて、先生が注射とともに戻ってきました~。


皮下補液注射は50cc。

プスッ、チュ~。


がまんがまん。

がまんがまん。エライエライ!!


やはり現実逃避中~。

やはり、現実逃避中~。えらい、えらいぞ!!


実際は、皮下注射は沁みるようで、
途中からニャーニャーと訴えることもあります。
保定しているAHTさんや先生に立ち上がってペタンとくっつくこともあります。
バタバタ動こうとすることもあります。

この時の抵抗具合で、元気の度合いがわかります。(≧∇≦;)
採血の時は抵抗したので、元気がある証拠でしたが、
この皮下補液の際はあまり抵抗せず~だったので、
やはりちょっとパワーダウン中のようでした。





血液検査結果が出るまでもう少し時間がかかるので、
一度待合室へ戻り、他の飼い主さん達とおしゃべりして待ちました。





で、お待たせしました、血液検査結果です。


BUN(尿素窒素) 54 (←前回 34) / 正常値 16-36 
クレアチニン 1.9 (←前回 1.4) / 正常値 0.8-2.4
K(カリウム) 5.9 (←前回 5.8) / 正常値 3.6-5.8
 

※今まで正常値は、6ヵ月までの子猫で記載していましたが、
 あともう半月くらいで6か月なので、今回から成猫の値にします。



ああ、やっぱり少し数値があがっていました・・・。
クレアチニンは正常値範囲内なのでまだいいとして、BUNが・・・。
PHOS(リン)は6.2(正常値3.1-7.5)で大丈夫ですが、
K(カリウム)がまた少し上がっていて、
キジ丸はカリウムを排出しにくいのでは、との事でした。




この検査結果から、
もしこのまま、キジ丸の具合が悪いのが続くようであれば、
皮下補液の間隔をまた短くしてみましょう、ということになりました。

キジ丸の場合、やはり腎臓が張る(水腎の状態がひどくなる)と、
尿が排出されにくい状態ということで、調子が落ちるようです。



そして、病院から帰って昨晩は、
トト吉とまたたくさんプロレスをしていたので、元気度アップ!!
そしてそして、土曜日の今朝にいたっては、右腎が小さく!(≧∇≦)
小さくなってお腹の緊張感も解け、今日は調子が良さそうでした。
はあ~、ヨカッタヨカッタ。



具合が悪そうになる度にドキドキ。
急変したらどうしようと心配になりますが、
とりあえず、次の通院予約の月曜日まで腎臓チェック&元気チェックを強化して、
今後の補液間隔をどうするか、また先生に相談していこうと思います!









コメント

そういう事を繰り返しながら、キジ丸君の体調のバイオリズムをつかんで行けたらいいですね~。
やっぱり元気で遊んでくれてる姿が一番ですもんね!!

それにしても、病院での姿、、エライ、、エライよー(≧▽≦)/

>香龍さん

香龍さん、こんばんは~!(≧∇≦)/

そうなんですよ、私も母もすぐに変化に気付けるように、
しっかりチェックしていかないとなあと思ってます。
でも、1番の目安である腎臓の腫れ具合はすぐにわかるので、
腫れは良くないことなんですけどもっ、
わかりやすくて助かってます。( ̄▽ ̄;)

病院はチビッコからお世話になっているので、
怒るという意識はないようなので、これまた助かってます!
ただ、エコーとかはただ単にイヤがって大変ですが、
キジ丸の兄弟のお隣の元紫君は、
初のエコー検査では、仰向けにされたまま寝てたそうです。(笑)

点滴に最初からビタミン剤が入ってますか?
ビタミンは滲みると聞きますから、私は最後の方というか
いったん何も入れてない点滴をある程度入れてから
ビタミン剤を入れてもらっています。
注射器でも3方活栓を付けてもらえれば途中からビタミン投与も
できるのでは?と思うのですが・・・。
でも滲みるのがイヤというか注射自体がイヤってことも考えられますよね^^;

キジ丸くん病院頑張っておりこうにゃん^^v

がんばってるなぁー、キーちゃん(^_-)えらいぞ!!

>Mewさん

Mewさん、こんばんはー!(≧∇≦)/

おお、詳しい説明ありがとうございます!!
まず、3方活栓を画像検索してみました。わかりました、わかりました!

キジ丸の皮下注射は現在50ccで、ビタミンは最初から入っています。
(ビタミンの割合は聞いてませんが、入っているそうです。)
そして、血尿の原因が腎盂炎だと考えられるので、
内服のお薬とは別の種類の抗生剤もブレンドされています。

ネットでも調べてみたら、なふなふちゃんのように、
ビタミンはある程度輸液が皮下に満たされてからという子も多いみたいですね!
そういう方法もあるのか~と初めて知りました!(*'∀'*)
情報ありがとうございます!!

多分、キジ丸の場合は補液の量が少ないので最初から混ぜてるんだと思います。
でもって、キジ丸、注入の最初は何ともなく、
半分くらいしてから後半に鳴き始めるので、
沁みるのおそっ!という感じなのでしょうか!?( ̄▽ ̄;)
あとは、背中の圧迫感もあるんでしょうか~?
とりあえず、今のところ鳴いて少し嫌がっても、激しく暴れるとかはないので、
今後、補液の量が増えた場合や、抵抗の度合いが増した場合、
先生に聞いてみようと思います!

キジ丸、最近は病院だとわかると凹みますが(笑)、
2回目の入院の際は、元気になった途端、
先生やスタッフさんに「出せー!遊べーー!」とやったそうなので、
病院が恐怖ではないみたいなので助かっています。(*'∀'*)

>ぐっさん

こんばんは、ぐっさん~!!(≧∇≦)/

キーキー、頑張ってますよーーー!
そして、毎回キジ丸を背負って、
チャリをぐわっと漕いで病院に行っている私も頑張ってますよーー!(爆)
(あ、雨の日は車です。チャリはぐわっと10分ちょい、車5分です。)
日によって、予約があっても待ち時間が長いと大変ですが、
キジ丸はあられと違って現実逃避で静かに待ってくれるので助かってます♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

美和

Author:美和
柴犬あられ♀と猫トト吉♂
先天性腎疾患の猫キジ丸♂との
のほほんな日々を過ごしてます。

 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

何かありましたらどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ニャン友リンク

 

若猫腎臓病・腎不全 ニャン友リンク

 

リンク

検索フォーム

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。