2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13/6/21のレントゲン画像。



見事な開脚で毛繕い中のキジ丸!(≧∇≦)/


開脚で必死に毛繕い中~。


シャッターチャ~ンス☆とばかりに
「キジ丸、こっち向いて!!ねぇねぇ!コッチ!!」
と、スリッパを振り回してまで声を掛けたら・・・



見ちゃったよ。( ̄▽ ̄)


すごい顔されちゃった。( ̄▽ ̄;)

いや、実際はね、
違う部屋でトト吉だか音がしたんですよ。(≧∇≦)
キジ丸坊ちゃん、キレてないっすよ。(笑)







さて、キジ丸ですが、
本日6/21レントゲン検査をしてきました。


腎臓と尿管内の石と思われるものの動向が今一番の不安の種なので
定期的なレントゲン検査という事で
前回の5/10から1ヶ月10日ぶりのレントゲン撮影です。
(レントゲン検査の放射線については、今度先生に聞いてみようと思います。)





今までのレントゲンや石灰化についてはこちらです。
 ↓↓↓
2013/5/10 『13/5/10の血液検査結果&レントゲン画像。
2013/4/8 『13/4/8のレントゲン画像。
2013/2/26 『13/2/25の血液検査結果&レントゲン(結石疑惑のその後)
2013/1/26 『石?しかもそれが動いた!?
2012/11/9 『久々のレントゲン。
2012/7/4 『血圧測定&レントゲン
2012/2/27 『石灰化???






今回も、前回(5/10)との比較です。



★前回★

2013.5.10


今回

2013.6.21のレントゲン画像。


見た感じでは、石の極端な増加などは見られませんでした。

向かって右側が左の腎臓で、左が右の腎臓なのですが
今回の撮影時には左腎は今までよりも少し小さく写っています。
それは、腎臓内の尿の溜まり具合によって
キジ丸の腎臓は簡単に大きさが変化するからです。(^_^;)
ただ、左腎は触ってもよく分かるくらいに変化がありますが
右腎は今までの画像を比較してもあまり変化はないようです。





さて、尿管内の石の流れが分かる横からの画像は・・・。



★前回★

2013.5.10 もうすぐ膀胱?



今回

2013.6.21のレントゲン横画像。



まず、今日は朝にウ〇チをしてたので
そんなに立派なウ〇チは写っていませんでした!!(≧∇≦)

で、尿管内の石ですが、
まだ膀胱には到達しておらず、
前回とあまり変わりはありませんでした

もう少しで膀胱に落ちそうな感じではあるそうです。




ここで、腎臓、尿管、膀胱の位置関係を。


腎臓、尿管、膀胱。


尿管から膀胱って、一直線に繋がっていそうですが
膀胱の後ろの方に尿管がついていて
尿が溜まると、膀胱は体の前方に膨らむ感じですかね?

分かり易いイラストを検索して見つけたのでちょっとお借りしました。
(参照:PETLINE 教えて猫ノートトップ > 猫の腎臓病 > 腎臓ってどんな働きをしてるの?


尿路。




キジ丸の場合、
尋常じゃない程の石と思われるものが腎臓内
そして、尿管結石と言われる尿管内に多数あるのにも関わらず
今の所オシッコも流れているし、詰まっている形跡(尿管の拡張)もないのですが
次に膀胱に石が到達した場合、
今度はその膀胱から尿道へ移動して行く可能性があるのですが

実は、尿道の方が道が狭い!!



小さいミリ単位の石でも
スポッとはまってしまう事もあるそうで。(>_<)
こちらは尿道結石と言って、詰まったらもう大変。
出口が一つな訳で、オシッコが出なくなってしまいます(尿閉)。

もしそうなってしまった場合、
尿道カテーテルで生理食塩水などを勢いよく注入して
尿道内の詰まった石を膀胱に押し戻す対処法があるそうです。
(フラッシュ、またはフラッシングと言います。)

キジ丸の場合は、詰まる可能性のある石が膨大な数なわけで(^_^;)
このフラッシュをしても何度も再発するだろうと。
なので、もし尿道に詰まる可能性があれば
石が詰まらないように、尿道を拡張する手術をした方がいいかも、と先生。

でもまあ、キジ丸にとっては
手術の全身麻酔も腎臓に負担がかかるので
その時はその時で、しっかり先生と相談して決めたいと思います。
今日は可能性の話をちょろっとしただけなので。(^_^)
それに、尿管の方が詰まった場合は、また違う選択肢になってしまうわけで・・・。

でも、こうやって、いざという時の選択肢は
もう知っておいて、知識として入れておきたいなと思っています!!


とりあえず、現状維持で頼むよ、キーキー!!(≧ω≦)b









コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

美和

Author:美和
柴犬あられ♀と猫トト吉♂
先天性腎疾患の猫キジ丸♂との
のほほんな日々を過ごしてます。

 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

何かありましたらどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ニャン友リンク

 

若猫腎臓病・腎不全 ニャン友リンク

 

リンク

検索フォーム

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。