2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きーちゃん、再び入院。



昨日、母が撮ってくれた写真です。(*'∀'*)


2匹並んで。

2匹並んで眺める先は???
(あ、あられさん、カメラ目線ですが・・。)



目線の先のトトちん。


トト吉坊ちゃんでした~!!(≧∇≦)
なんかこの写真、カワイイでしょ~!?
きーちゃんの真ん丸ちっちな体型が萌え~♪







そんなキジ丸ですが、今日再び入院しました。


今日はお昼前に、定期的に受けている皮下補液で診察予約が入っていました。
そして、前回、潜血反応が出ているので尿検査もする予定でした。

しかし、多飲多尿・頻尿のキジ丸なのですが、
昨日は、若干いつもよりオシッコの量が少なかった~。
キーはオシッコシートでするので、ここ最近は、
”オシッコしたシート”-”シート自体の重さ”=オシッコの重さ(1gは約1cc、1ml)
ということで、出した量を記録していました。

そして、今朝は、ケージ内で朝6時までに2回。
それから病院に行くまでにしたオシッコを尿検査用に採取しようとしていたのに、
トイレに入れても、一向にしようとせず・・・・。
ようやく時間前に出たオシッコは、見るからに血尿。
少量だったので、やはり腎臓が両方とも張っている状態でした。


病院で診てもらったところ、
やはりエコーでも、両方の腎臓に水分(尿)が溜まっている状態。
キーも、今日は朝からおとなしく、いつもの元気ではありません。
尿検査でも、やはり赤血球がけっこう出ていて、
シロップタイプの抗生剤で様子を見てみることにしました。
オシッコは出るのを待つことに。
2日置きにした皮下補液を、1日置きに戻すことにして次の予約。



そして、いつものように皮下補液をしてもらって帰宅。
ご飯を食べて、それからじっと寝に入ったキジ丸でしたが、
口をくちゃくちゃ始めたと思ったら、食べたものを吐き出してしまい、
2回目は、胃液を吐き出しました。
年末に入院する時と同じ状態だったので、即、再び病院へ。



やはり昼よりも具合が悪い感じが見てとれ、
血液検査もすることになりました。
先週の金曜日の造影検査の時に、正常範囲内になっていた数値でしたが、

BUN(尿素窒素) 72 (←前回 32) / 正常値 16-33
クレアチニン 3.3 (←前回 1.6) / 正常値 0.6-1.6



また、かなり上がってしまっていました。
たったの3日間で、ですよ・・・。
やはり今回も急性の腎不全です。
キジ丸は、腎臓から尿管、膀胱までの尿路が滞ってしまうようです。
完全閉塞ではなく、少しずつ流れてはいるようですが
(今までは、ちゃんといっぱいオシッコ出ていますし!)
なぜか、こうやって腎臓に溜まってしまう時がある・・・という。
今までの検査で、尿管に石があって障害になっている訳ではないので、
尿管自体も細いのかも?と先生は言っていました。



そして、今回、また数値が上がってしまったけれど、
どうするか・・・・・・。



吐き気止めの注射を打って、自宅で、尿が自然に膀胱に流れるのを待つか、

K(カリウム)の数値も、正常値が3.7~5.8のところ、8.5と、
今までの検査の中で1番高く、これがちょっと怖いとのことで、
入院して、前回と同じく、静脈点滴で様子を見るか。

ただ、静脈点滴の場合、
もし、オシッコが腎臓に溜まる一方の場合、
逆に腎臓に負担がかかってしまうし、状況が厳しくなるそうです。
この病院は院長先生を含め、獣医師が10人以上いるので、
キジ丸を担当してくださっている先生も、
他の先生達にも、相談してくださっているのですが、
子猫で、腎臓・・・・、そして、キジ丸の状況は、
根本的な解決策はわからないそうです。



今日は私一人だったので、どうしようか診察室で悩みました。
自宅で容体が悪化したら怖いし、
病院に預けている間に万が一のことがあったら怖い。
どちらも不安で不安で、正直涙が止まらないけど、

でもっ、キジ丸のパワーにかけて、
少しでも治療については安心できるだろう、入院を選択しました。
明日はまた、「出せーー、出せーーー!」と元気になっていますように!!

とにかくっ、
オシッコを出すんだ、出すんだ、キーーー!!!(`∩´)Ω






何を選択しても、後悔しないことはないと思います。
でも、キジ丸が我が家に残ってくれたことは、
猫神様のナイス選択!!だと思います。(≧ω≦)b
キーがうちの子でヨカッタ。
頑張れ、キッキー!!






なんだか、メソメソした内容の時もあると思いますが、
キジ丸の頑張っている記録として、
そして、我が家の気持ちの記録としても書いて行こうと思いますので、
「ほぉ~。」とか「ふ~ん。」という気持ちで、読んでいただけると嬉しいです。
あ、もちろん、今までと同じように(更新めちゃくちゃスローですけど。笑)、
あられとトト吉のネタも更新頑張りますよーーーーー!!(≧∇≦)/
あ、ガマグチ作りの方もそろそろ頑張らなくちゃ。(汗)








コメント

きーちゃん、心配ですね。
尿毒症の症状が出てるんでしょうか。
ナナもそうですが、おしっこが出ないととたんに元気がなくなります。
そして気持ち悪そうにして、吐いたりしますが
吐くと余計に脱水して具合が悪くなるという悪循環に。
正直見ているこっちが辛くて、ほんとに泣けてきますよね。
うちはそうならないように、とにかく水分を摂らせようと
腎臓サポートのパウチをお湯で薄めて重湯の様にして食べさせるように
してからだいぶ落ち着きました。
でも毎日が経過観察で、食欲が落ちたり、吐いたりしたら即病院です(笑)
歳も歳なので何があってもおかしくないとはいつも思ってますけどね(^_^;)

きーちゃんは、ほんと美和さんちの子になって良かった!
腎臓とはもしかしたら一生のお付き合いになってしまうかもしれないけど
今そこにいるだけでも運の強い子だから大丈夫!!

猫の弱点は腎臓と言われる位ですから、いろんな方法がありますよ。
成猫になるころには体力もつくでしょうし。

それにしてもあられちゃんと並んだ姿、かわいいですね~(*^。^*)
大きさがよくわかる!!

あまり落ち込まないで下さいね。
美和さんは充分、がんばってますから。

>haruさん

haruさん、ありがとうございます!
今日まずどうするか、診察室で先生と話している時、
多分、恐怖で、涙が溢れてきてしまいました。
まだ出会って2カ月のキジ丸ですが、愛おしくてしょうがないです。

今回、尿毒症もああるのかもしれませんが、
腎臓が大きくなってしまっているので、周りへの圧迫もあって、
吐き気などが出てきている可能性もあります。
水分、今までは自分でもよく飲んでいたのですが、
確かに今日はあまり飲んでいなかったように思います。

尿管が細いとしても、
成長とともに尿管も太くなって、症状が落ち着くといいのですが~。
ナナちゃん、腎サポのぱパウチが好きなんですね!
キーはウェットよりもカリカリ派なのですが、
無事に帰ってきたら、そのアイデアも試してみます!!
腎臓って、すごい器官だなあと改めて思いました。

ご心配、本当にありがとうございました!!
これからも頑張ります!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

美和

Author:美和
柴犬あられ♀と猫トト吉♂
先天性腎疾患の猫キジ丸♂との
のほほんな日々を過ごしてます。

 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

何かありましたらどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ニャン友リンク

 

若猫腎臓病・腎不全 ニャン友リンク

 

リンク

検索フォーム

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。