2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キジ丸の今日の血液検査結果。



今日のキジ丸。

今日のキジ丸。らぶり~♪
この写真だと小さく写ってますが、今日は1.7キロに!





先週の月曜日に、また急性腎不全の症状で入院となったキジ丸。
今日は1週間ぶりの血液検査をしました。


BUN(尿素窒素) 42 (←前回 72) / 正常値 16-33
クレアチニン 1.7 (←前回 3.3) / 正常値 0.6-1.6



ちなみに、右に書いている正常値ですが、
病院や外注の検査機関によって、若干の違いがあると思います。
そして、私が書いている正常値は、”6か月未満の子猫”の設定となっています。
大人猫だと、正常値の幅が広くなり、
今回のキジ丸のクレアチニンの1.7は、正常範囲に入ります~。
K(カリウム)の値も正常値に戻りました。

今日は血液検査の他に、レントゲン1枚とエコー検査を。
エコー検査は、画像診断の勉強会用にということで無料でした。(≧∇≦)


今日は診察時にはちょっと左の腎臓がちょい大きくなっていて、
帰ってきてからは、何となく右の腎臓が大きくなっています。
キジ丸の腎臓は、水の溜まり具合で大きくなったり小さくなったり。
大きいのが続いているとまた腎不全の心配もあるので、
毎日、触って状態を確かめています!




お疲れちゃん。

帰ってきて、お疲れちゃんのキジ丸。




水分たるたるん。


水分たらら~ん。


キジ丸の皮下補液は現在50ccを背中にチューっと。
補液後は、背中がラクダのコブになり、
お会計する時にはコブはなくなっているので、
吸収が早いなあ~と思ってたんですが、
実際は、重力で体内の下の方へ流れているんですね。(≧∇≦;)
日によって、左右の違いはありますが、
しばらく肩の周辺が水分でたるんたるんとなっています。
高齢の猫ちゃんだと、なかなか体に吸収されず、
腹水や胸水になってしまうこともあるんだそうですが、
キジ丸は時間の経過とともに、きちんと体に吸収されているようです。



ガッツポーズ!




処方食も今のところ、食べてくれています!
年齢がいってからの処方食だと、
それまで美味しいものを知ってしまっているので、
処方食を食べてくれない~というのも多いのでは?と思います。
その分、キジ丸は3か月の時からの処方食なので(≧∇≦;)、
「こんなもんか。」的なのかも?(笑)
まあ、今後も飽きずに食べてくれるかはわかりませんが、
数種類ある腎臓系の処方食をローテーションで続けていこうと思います。

ちなみに現在は、
k/dはイマイチのようなので、
腎臓サポートと、キドニーケアのフィッシュ味をメインに。
次はキドニーケアのチキン味も試してみます♪








コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

美和

Author:美和
柴犬あられ♀と猫トト吉♂
先天性腎疾患の猫キジ丸♂との
のほほんな日々を過ごしてます。

 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

何かありましたらどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ニャン友リンク

 

若猫腎臓病・腎不全 ニャン友リンク

 

リンク

検索フォーム

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。